開運のための神社にお参りする最適なタイミングとは?

 

きょうは、開運のための神社のお参りについての話題です。

神社では、願い事をしてはいけないと聞きます。

神社やお寺参りをするときには、信心深い人は別として、特に信仰していない人だと日本人は、年末年始や何かの節目だったり、悩みがあってどうにかしたいという時に訪れることが多いかと思います。

何かに悩んで、悩みを解決したい思いがあって、どうしてもお願いごとを唱えてしまいます。

ですが、願い事をしてはいけないというのではなくて、日ごろの感謝と共にお願いしてもかまわないのですね。

ただし、社会に対してどのように自分は貢献したいのかを伝えて、そのための必要な個人的な願い事を唱えるのが正しいようです。

たんなる私欲にまみれた願い事では、ダメだということですね。

そこで、今日は、神社にお参りするタイミングについての要点を押さえておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ご縁を感じる神様を知ると・ある時ピン!とくる

 

スピリチュアルメンターのあべけいこさんによると、神社参り土地の神様が守ってくれることで、迷信でもなければ気休めでもないと言います。

まず日頃からご縁を感じる神様を把握しておきます。

お参りの好きな方は、自分の惹かれる神様の系統を整理しておくと理解が深まります。

女性は、海や水に縁があるので、厳島神社の主祭神の一つの市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)のように人々の安全を守護する女神様に惹かれる方も多いようです。

そして、あるとき突然、ピン!とくるそうです。

例えば、無性にその神社に行きたくなったり、友達から同じ神社に誘われたり、その神社の名前を度々目にする、など。

また時には、雑誌を開いたらその神社が目に飛び込んできたりします。

これらは、呼ばれたというサインになります。

潜在的な内なる自分が敏感に察知しているのです。

神社に行く前に主祭神と由緒を調べておきましょう。

初めて知る神様の場合もあります。

どういう神様とご縁があったのか。なぜ自分が呼ばれたのか思いを巡らせてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

神社参拝の仕方

 

神社に伺ったら、まず主祭神にご挨拶してから、その後に目的の神様にお参りします。

神前では、心の中で名前・住所・生年月日・お参りできたことへの感謝・仕事や立場など日頃のお礼を述べます

そして、社会にどう貢献したいのかを宣言します。

個人的なお願い事は、そのためのサポートとして祈願しましょう

他の摂社末社には、そっと手を合わせるだけで構いません。

また、系統を合わせて数カ所の神社をセットでお参りすると、エネルギーがより高まるといいます。

然るべき神社に、然るべきタイミングでお参りできれば、そこから現実が変わる実感があるでしょう。

そして数ヶ月おきにお参りし、さらに多くのエネルギーをいただくことで、神社参りでは現実を良くすることができるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

テーマ別の参拝をするとさらにパワーアップ!

 

テーマを決めて、神社を巡るとよりパワーが強烈になります。

 

日本の厳かな気をいただく

霧島神宮 鹿児島県霧島市・・天孫降臨の神社。

真名井神社 京都府宮津市・・強力なパワーの井戸がある。

幣立(へいたて)神社 熊本県上益城郡山都町・・天と地の神様を祭ったとされる檜がある。

 

まずは、霧島神宮から真名井神社、幣立神社へとの順番で参拝するとよいそうです。

 

力強いご神気で人生を切り開く

高千穂神社 宮崎県高千穂町・・縁結びの神様で有名。

三峯(みつみね)神社 埼玉県秩父市・・関東一のパワースポットといわれる古い歴史のある神社。

大神(おおみわ)神社 奈良県桜井市・・神祀(まつ)りの様を伝える最古の神社。

由緒が特徴的な三社は清涼な心身で訪れたい神社です。高千穂神社はセットでお参りするとより導きが確かに。

 

開運サイクルに乗る

三嶋大社 静岡県三島市大宮町・・山の神様。伊豆随一のパワースポットといわれている。

北口本宮冨士浅間神社 山梨県富士吉田市上吉田・・富士山の女神様。恋愛パワースポットとして日本最強といわれている。

厳島神社 広島県廿日市市(はつかいちし)宮島町・・海上をお守りする女神様。

自然系の神々は宇宙の流れに乗るサポートを導きます。

 

スポンサーリンク

 

 

今日の気づき

 

日本の神社は、長い歴史の中で様々な伝説が存在します。

自然と関わりのある生活の中かで、人々の暮らしと密接に結びついているとも言えます。

正確に知識を得ようとなると、漢字で書かれた読み仮名難しいですし、内容の把握もとても難しいです。

今では、若い女性たちの間で、パワースポットとしても人気が高く、神社参りが盛んになっていますね。

あまり、深い知識はなくても、神社の境内を散策しているだけでも、神聖な気持ちになりますよね。

色々な神社巡りをしてみたくなりました。全国各地の神社巡りを目指してみたいです。

関連記事→ トイレ掃除で運気アップ!トイレをパワースポットに!!

 

 

 

出典:家庭画報2018年1月号7月号

スポンサーリンク