見た目が若い人にはこんな共通点があった!?

 

最近は、芸能人でなくとも年齢を聞いて驚いてしまう人けっこういますよね。

もちろん、若く見える人が圧倒的に多くなっています。

年相応の人と年齢より若く見られる人の違いは何なのでしょうか?

中には、もともと童顔だったり、若々しいスタイルの持ち主もいますが、多くは日頃の努力の結果ではないでしょうか。

 

生活習慣の違いが大きいかと思います。

こういった疑問に最新の研究も行われ、興味深い結果が明らかにされています。

 

スポンサーリンク

 

見た目が若い人の特徴とは?

 

見た目が若いと長生きする

見た目が若い人は体の内側が若いということのようです。

2009年にデンマークで行われた研究結果が、「見た目が若い人の方が長生きする」というものでした。

この研究は、70歳以上の双子の写真を第三者に別々に見せて、双子それぞれの年齢を推測してもらうという実験でした。

そして、見た目年齢の若いと評価された方が、体力や知力のレベルが高く長生きするという結果になりました。

ようするに、遺伝子が同じでも見た目が若い生き方をした方が長生きするということがわかったのです。

 

若さの本質である健康はトレーニングで維持できる

 

健康な脳や体こそが若さの本質であり、美への近道といえそうです。

ただ残念なことに、30代以降は適度な運動をしないと年1%ずつ筋肉が減ってしまうそうですが、失った筋肉も心がければ何歳からでも、増やすことはできるのです。

実際に、中年になってから体を鍛えて、マラソンを完走したり、シニアのスポーツ大会で優勝したりと記録を残している人も時々ニュースで見たりしますよね。

脳細胞も体の筋肉と同様に加齢で劣化していきますが、刺激し使い続ければ脳細胞のネットワークがつながって増えることもあります。

 

体も脳も意識してトレーニングすることで、維持するだけでなくさらに良くなることも可能です。

 

見た目年齢は肌と体型・髪型が決め手!?

 

見た目年齢は、肌と体型と髪型で決まるといいます。

○太りすぎず痩せすぎではない、美しい体型。

美しい体型だと、さっそうと歩く姿もかっこよく、若々しく見えるのです。

手入れの行き届いたきれいな肌。

内臓が健康だと肌が美しくなります。

若々しく整えた髪型。

ファションと同じように一番印象に残ります。

 

スポンサーリンク

 

前向きな人は長生きする?

 

精神面で、前向きな人、ポジティブな人は、常に好奇心旺盛で社交的な人が多いです。

脳にとっては、刺激は脳細胞を活発にするのでよい状況なのです。

脳科学の面からも、新しいことに挑戦する人は長生きだ、という研究報告もあります。

 

いつまでも老けない女性の職業や特徴とは?

 

いつまでも若々しい人っていますよね。

とくに、有名人の中には、ある職業についている人が多く見られます。

すでに、お亡くなりになった方たちですが、100歳以上の超高齢者を取り上げてみました。

職業は、芸術家やファッションデザイナーです。

美意識の高い方たちです。

そして、使命感をもって生きている人は、若々しく長命でもあります。

 

画家

  • 後藤はつの 113歳
  • 小倉遊亀(おぐら ゆき)105歳
  • 片岡球子 103歳

ファッションデザイナー

  • マリールイーズ・カルバン 105歳

 

現在も活躍されている森英恵さん、桂由美さんは、80歳を超えています。

使命感をもって生きている人は人たちは総じて長生きとされている

 

美意識を持ち、自分の仕事に使命感を持って活躍された女性には、

  • 随筆家ー白洲正子 88歳
  • 美容家ー吉行あぐり 107歳
  • 政治家ー加藤シヅエ 104歳

 

他にも、アーティストの草間彌生さんは現在89歳。水玉がモチーフの作品が特徴の個性的でエネルギッシュな女性芸術家です。

日本人女性初の報道カメラマンの笹本恒子さんは、とてもおしゃれでファッションに精通しています。

現在104歳で、老人ホームで暮らしているそうですが、『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』で映画化され話題になりました。

 

好きなことを仕事にしていると、ストレスも少なく生きがいや使命感に溢れている状態ですね。

ハッピーホルモンであるセロトニンが増えるという好循環が長生きの秘訣になっているのでしょうか。

スポンサーリンク

見た目が若いだけではない魅力的に年を重ねるには?

 

人は盆栽のように手入れ次第で渋みのある美しさが出せる!

 

花や木は、時間とともに葉が落ち、美しかった花はしおれ、枝は折れてしまったり、しまいには枯れ命が尽きてしまいます。

人も同じように年齢を重ねると、シミやくすみで肌が劣化し、髪が抜け、枝が折れるように骨ももろくなってきます。

しかし、ただ枯れていくだけではなく、年とともに人間の渋みや深みが増し、本質的な魅力が高まる側面もあるのです。

盆栽のように。

手入れする手間はかかります。

知力、体力を鍛えることもそうですが、メイクやファッションはとくに見た目年齢を表す大きな要素になります。

 

年を重ねたら自分自身を磨くファッション魂を保ち続けよう!

 

50代以降になると見た目の若さを保つ一番の方法は、服や髪型を整え、化粧をする手間を惜しまずにファッションを楽しむことです。

ファッションこそアンチエイジングにふさわしいのです。

お気に入りの服を選んだり、若々しい髪型にしたり、きれいにメイクをするときワクワクしますよね。

本当に心から楽しんで外見を磨くと、内面から若いオーラがあふれ出てくるのではないでしょうか。

 

自分自身を輝かせるファッション魂は、いくつになっても持ち続けていたいですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

見た目が若い人の共通点についてまとめてみました。

 

  1. ファッショナブルで美意識が高い人は、見た目が若い。
  2. また、使命感を持って活動している人は、若々しくて長生きする傾向にある。

 

いくつになっても、内面はもちろんですが、外見も忘れずにメイクやファッションを楽しみながら生きたいですね。

 

 

 

出典:リシェスNO.25

スポンサーリンク