血液型ダイエットの根拠は?口コミで評価は分かれた?!

世の中には、様々なダイエット法が続々誕生していますね!

血液型ダイエット法は、テレビなどで紹介されてから話題になったようです。

実際どれくらいの人が実践しているのか知りませんが、今回は、海外で誕生した血液型ダイエットについてそれを考案した根拠や効果はどうなのかを探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

血液型ダイエットとは?

血液型は、A、B、O、AB型に分類されます。

血液型ダイエットの発案者はピーター・ダダモ博士。

人の体は血液型によってそれぞれ異なっているので、その違いに合わせたダイエット法を選ぶべき、との考えに基づいています。

ABO式血液型別に「食べるべきもの、控えるべきもの」を提案しているダイエット法です。

新しいと思っていたら、すでに20年前から存在していたようですが、日本では最近メディアなどで紹介されて知られるようになっています。

血液型ダイエットの根拠は薄い?

血液型は、赤血球表面の抗原の型に基づく分類法で100年以上前に発見されたものですが、

血液型によってなりやすい病気にも違いがあり、また、性格にも影響が出てくるといいます。

ダダモ氏が、このダイエット法を思いついたのは医学大学院で学んでいた時のことで、血液型に関する論文を見つけて非常に驚いたそうです。

食生活に関係する慢性疾患が、血液型によって違うという報告で、つまり、血液型で高コレステロール血症や糖尿病、高血圧症、動脈硬化、肥満にかかりやすくなる違いが見られることを示した論文です。

血液型ダイエットでは、赤血球表面の抗原の違いがその人の消化管の特性に結びついていると考えています。

要するに、同じものを食べても血液型によって、身体の反応は異なるということ。

こうした理由から考案された血液型ダイエットですが、専門家からは根拠が薄いとの意見も聞かれます。

それでも最近の栄養学で、個人の体質に合わせた食事プランで健康増進を図るべきだとするトレンドにも多少反映していますよね。

血液型別の食材おすすめ・避けた方がいいもの

A型の人には地中海式の食事がおすすめ

A型の人は循環器疾患にかかりやすいので、植物性タンパク質を多く摂取することで予防効果が期待できるのだそうです。

◎おすすめ食材

魚、野菜、穀類、豆腐

■避けた方がいいもの

肉類、乳製品、小麦、キャベツ、じゃがいも

B型の人は鶏肉の摂取を控えるべき

鶏肉に含まれるレクチンというタンパク質が、赤血球表面のB抗原を攻撃し、体に害を及ぼしかねないからです。

また、B型の人がトウモロコシや小麦、レンズ豆、トマト、ごまと入った食品を食べると代謝が悪くなって、体重増につながりやすい。

その他、めまいや体液貯蓄、低血症といった症状を招く恐れもあるといいます。

◎おすすめ食材

羊肉、魚、野菜、豆類、低脂肪の乳製品、卵

■避けた方がいいもの

鶏肉、とうもろこし、ごま、ピーナッツ、 小麦、そば、レンズ豆、トマト

O型の人はタンパク質を中心にした食事がおすすめ

穀物や乳製品の摂取は控えることが推奨されています。

穀物に含まれるレプチンが何らかの作用を及ぼす恐れがあるそうです。

◎おすすめ食材

肉、魚、野菜、果物

■避けた方がいいもの

乳製品、小麦、キャベツ、とうもろこし、じゃがいも

AB型は一般的な食品に対する耐性が高い

食べてはならない食品は、他の血液型に比べてあまりないようです。

◎おすすめ食材

魚介類、野菜、豆類、乳製品、オートミール、豆腐

■避けた方がいいもの

赤身の肉、そば、とうもろこし、インゲン豆、 カフェイン、アルコール

スポンサーリンク

血液型ダイエット専門家の間では・・信憑性は?

じつは、これまでのところ、血液型ダイエットの効果のほどを示すデータはないのです。

最近の研究でわかったことが、血液型ダイエットを実践した人に一定の健康効果や肥満度を示すBMIの低下が見られましたが、血液型との因果関係を示す科学的根拠はなかったようです。

専門家では、批判や懐疑的な見方も少なくないのです。

米国でダイエット指導を行っている栄養士のマリア・ヴェラさんは、

「評価できるのは自然食品を重視し全ての血液型の人に運動を進めている点くらいでしょうか。

それぞれの人に合わせた食事プランは重要だと思いますが、これは病歴やこれまで食べてきたかに基づくべきであって血液型に基づくべきではない。」

とコメントしています。

また、体にいい食品の摂取を制限しているのも問題のようです。

例えばB型の人はレンズ豆やトマト、ゴマを食べてはならない、とされているますが、どれも体にいい食品です。

肉や穀物などの食品群全体を制限すれば、栄養が偏りかねない、という意見も。

血液型ダイエットは、食事法だけではなく、血液型別のエクササイズも取り入れたダイエット法です。

最近、米国の企業が、個人の遺伝子情報や体のサイズに基づいたダイエットプランを立てた事業を展開しているということからも、個々人にあったダイエットの需要はあるようです。

血液型ダイエットの目の付け所は、悪くないといえます。

批判的なのは、血液型別の食事プランが正しいという根拠たり得る証拠がないことなのですね。

スポンサーリンク

血液型ダイエットの実践者 口コミは?

血液型ダイエットは、口コミでは分かれています。

効果のあった人も半分ぐらいいるのではないでしょうか?意外でしたが・・^^;

一部をご紹介します。

〇なおさん★★★★★
半年で20キロダイエット

血液型別ダイエットだけではないですが、できるだけ糖質抜きにして、チアシードで空腹感からのがれつつ8月からの半年で110キロ⇒90キロに減量しました。この前の4カ月でも既に5キロ減らしてましたので実質的には4月から25キロ減量となりますが。私はB型なので夜を赤身のステーキとサラダ、ヨーグルト、ゆで卵だけにしてました。

青汁、チアシード、スムージー等もとりながら結構、健康的に無理なくダイエットしています。ただ12月ごろから停滞期に入ったりして、最近ようやく抜け出して、また減り始めました。血液型別ダイエットでいっている小麦粉系を食べると、ごはんよりも確かに体重が増えるのが不思議。

〇気まぐれさん(評価なし)
これは関係ある・・・?

何だけを食べればいい、何を全く食べなければいいというわけでは無いと思う。大事なのはバランス良く食べる事なんじゃないの?自分は血液型を知らないけれど手当たり次第に野菜と魚を中心に食べてたら10kg痩せたけど(4月11日現在)。合わない食べ物の所に書いているのはあくまで「控えめに」で「絶対に摂るな」ではなく、「適量ならいい」という解釈にもなりうる。例えば自分は牛系のものが少し合わない自覚があって、牛乳の場合500mlだともうアウトだがコップ1杯程度なら平気とか、牛肉の場合小さく切ったサイズなら何とも無い。だが1度だけバカでかい大きさのを食べたら時間の経たないうちに下痢を起こした、というように。あ、逆に魚系で体調崩した事は1度も無いような気がするなぁ

〇まめcanさん★★

関係ない気がします

私はO型です。肉が嫌いで、O型は特に太りやすいと言われている乳製品と麺類が大好きです。
この話を聞いたとき麺類を抜き、乳製品を食べることをやめ、肉類をなるべく食べるようにしたことがありますが、効果はさっぱりありませんでした。
体質はあるかもしれませんが、血液によってという話しではないと思います。

〇どれみ。さん★★★★★

運が良いかもしれない わら

うち 4月からいま 7月までで 
5キロ痩せたんだけど! 
A型ダイエット?なにそれ とか 
思ってたけど、なんかね 
なんかなんか、ググってみんぢゃん、それで 利益をもたらすなんとかなんとかで みてたら 
ほぼ うちの好きなものがあって。 
でも 体にダメってやつのなかにも 
好きなのがあって。 
とりま 結論からしてww 
運良く 好きなものだけ食べてれば 
痩せれるんだわ うちのダイエットは! あ あと量注意ww 
おちゃわんいっこてきな! 
最高だよ うん。

引用元:@FIT Search 

スポンサーリンク

まとめ

■血液型ダイエットとは?

ABO式血液型別に「食べるべきもの、控えるべきもの」を提案しているダイエット法。

■血液型ダイエットの根拠は

血液型ダイエットでは、同じものを食べても血液型によって、身体の反応は異なるということ。

ただし、専門家からは根拠が薄いとの意見も。

■血液型別の食材おすすめ・避けた方がいいもの

■血液型ダイエットの信憑性は?


・A型の人には、植物性タンパク質を多く含む食材がおすすめ。肉類、乳製品、小麦などは避ける

・B型の人は鶏肉の摂取を控える。トウモロコシや小麦、レンズ豆、トマト、ごまと入った食品を避け、魚、野菜、低脂肪の乳製品、卵

・O型の人はタンパク質を中心にした食事がおすすめ。乳製品、小麦、キャベツ、とうもろこしなどを避ける。

・AB型は他の血液型に比べ一般的な食品に対する耐性が高い。魚介類、野菜、豆類、乳製品などおすすめ。

■効果のほどを示すデータはないということで、専門家では、批判や懐疑的な意見がある。

体にいい食品の摂取を制限しているのも問題。


専門家の間でもあまり評価されていないようですが、実際にダイエットを試した口コミをみると、結果は割れているようですね。

うまくいったという人、まったく効果なかったという人がいますが、考えてみれば、どのようなダイエット法でもすべての人に効果が見られるわけではないのです。

糖質を控えた野菜中心のバランスのいい食事と適度な運動を続けることが、何より健康的に痩せるのでは、と思いますが。

いかがでしょうか?


関連記事 →50代から健康的できれいに痩せるには・細くてかたい体が理想!

出典:ニューズウィーク日本版2018年8月14日・21日

スポンサーリンク